東京にある美容クリニックで豊胸手術を受け悩みを解消しました

胸が小さいコンプレックスを隠してきた

胸が小さいコンプレックスを隠してきた : バストアップの様々な方法を試したが効果無し : 豊胸手術を受けてコンプレックス解消

私が豊胸手術を受けようと決断をしたのは、大学4年生の夏休みのことでした。
胸が小さいことにコンプレックスを感じていましたが、身につける洋服や下着などを工夫すれば外見上は隠すことができます。
胸のボリュームを増やすため、いろいろな種類のブラジャーを試してきました。
普段の大学生活では肌を露出することが少なく、体操着などに着替える時などに気をつけておけば胸の小ささは気がつかれることはほとんどありません。
そのように気をつけて生活を続けてきましたが、旅行に出かけた時に友人から胸の小ささを指摘されてしまいました。
普段は洋服などで隠していましたが、温泉に入浴している時に言われたことは「胸が意外と小さい」と言うことです。
もう少し大きいと考えていたそうですが、「小さい胸だと肩がこらず楽だろう」とまで言われてしましました。
胸の小さいことは自分の悩みごとで、子どものころから気にしていたことです。
言われても本当のことなので仕方がないことですが、あらためて指摘されてしまったので傷ついてしまいました。
このまま小さい状態で生活を続けていくことはストレスがたまるので、この時からスタートしたことは胸を少しでも大きくする方法を探すことです。
インターネットで調べていくと、下着やサプリメントなどを紹介している記事がたくさん掲載されています。